編入学・転科試験、大学院試験、外国人留学生・帰国生試験のご相談について

武蔵野美術大学大学院視覚伝達デザインコースでは多様な資質を持った意欲あふれる学生をもとめています。大学院においては入学希望者の研究領域と研究室教員の専門領域をお互いが理解し、入学後の学習計画を立てることを大切にしています。また編入学試験、留学生試験に於いても、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科での授業内容・特質をよく理解した上で試験に臨んで欲しいと願っています。オープンキャンパスや進学相談会などの機会を利用して研究室に相談されることをお勧めします。

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科研究室では、オープンキャンパスや進学相談会などに加えて、随時、大学院入学希望者および3年・2年次編入・転科希望者を対象とした相談会を行なっています。相談の際、ポートフォリオなどの作品資料を直接持参すれば、それに対してのアドバイスも受けることが出来ます。希望者は氏名、連絡先、簡単な自己紹介文、大学院進学相談希望と記載のうえ< vcd-exam@musabi.ac.jp >まで申し込みください。折り返し返信いたします。

編入学試験、大学院試験に関するご相談については以下の注意事項をよくご覧になり、下記アドレスまでお願いします。

編入学・転科試験、大学院試験、外国人留学生・帰国生試験のご相談
< vcd-exam@musabi.ac.jp >

注意事項

試験日の4週間前から試験日までは相談会を行なう事は出来ません。また日程の調整もありますので、相談申し込み期限は試験日の5週間前までとします。試験日を大学ホームページ等で確認の上、余裕をもってお申し込みください。
➁ 相談会以外の受験に関するご質問は、武蔵野美術大学広報入学センターへお願いします。
面談する教員を指名できません。当学科で都合のつく教員が対応することになります。
(➂に関しては、この度、一部の教員に面談申し込みが殺到し、通常業務に支障が出る事態になったため、止むを得ず設定いたしました。悪しからず、ご了承ください。)
教員との面談経験の有無が採点結果に影響することはありません。
詳しくは大学広報入学センターのウェブサイト「ムサビで学びたい方へ」などをご覧いただき、大学の方までお問い合わせください。