西本 企良 Kiyoshi Nishimoto

教授 Professor

研究テーマ] 動きに対する視覚の特性を生かしたインタラクティブなインターフェイスについて。
経歴・プロフィール] 2005年5月着任。1951年山口県生まれ。武蔵野美術大学造形学部産業デザイン学科商業デザイン専攻卒業。
アニメーション制作者として、博覧会や博物館の展示ソフト、CM、プロモーション・ビデオ、テレビの科学番組の解説アニメーションなど多様な分野で活動。インタラクティブなメディアの草創期に於けるソフトの開発にもかかわる。情報デザインにおいて動きに対する視覚の特性を生かしたインタラクティブなインターフェイスの問題、コンピュータを用いたアニメーションの表現の可能性などを研究対象とする。’00年マレーシア・ビデオ・アウォード・フェスティバルにて講演。自主制作作品に「積層体」’82年、笑う月」’00年がある。’04年自主制作アニメーション「笑う月」を含むビデオ教則本のパッケージ“Starting Stories”が英国フィルム協会教育部(British Film Institute Education)より出版。’00年オランダアニメーション映画祭(オランダ、’01年シカゴ国際児童映画際(アメリカ、’02年アニマ・ムンディ国際アニメーション映画祭(ブラジル)他に出品。’02年メディアシティ・ソウル国際アニメーション映画祭(韓国)にて、短編部門グランプリ受賞。国際アニメーション協会日本支部(ASIFA-Japan)理事。

学生生活を送る上でのアドバイス] 基礎体力が大事。大学という贅沢な時間と空間を最大限に利用して、本当の力を身につけて下さい。

→武蔵野美術大学 専任教員プロフィール集