新島 実 Minoru Niijima

客員教授 Visiting Professor

専門分野:
グラフィックデザイン、 タイポグラフィデザイン

→詳細プロフィールを閲覧 

研究テーマ] ポール・ランドの視覚意味論を中心としたグラフィックデザインの考察と表現、および文字の比較発達史。
経歴・プロフィール] 1999年4月着任。1948年東京都生まれ 。エール大学大学院修了。
展覧会:’91年「New Japanese Graphics 展」デザインミュージアム・ロンドン、’92年「Japanese Poster Art of Present Time 展」コットバスポスター美術館・ドイツ、’93年「KIREI-Posters from Japan 1978-1993」チューリッヒ造形美術館、’95年「Today’s Japan Design Sampling 展」ハーバーフロントセンター・トロント、’96年「トヤマ・ポスター・トリエンナーレ選抜展」富山県立近代美術館、’03年「新島実展:色彩とフォントの相互作用」ギンザ・グラフィック・ギャラリーなど。
受賞:’90年 全米大学出版局協会デザイン賞、’96年カタログ・ポスター展通産大臣賞。ラハチポスタービエンナーレ、世界ポスタートリエンナーレ・トヤマ、ワルシャワポスタービエンナーレ、メキシコポスタービエンナーレなどに入選。
著作:教科書執筆『商業デザイン(商業技術)』実教出版’02年(共著、教科書監修『graphic design/視覚伝達デザイン基礎』武蔵野美術大学出版局’04年、エル・リシツキー/構成者のヴィジョン』武蔵野美術大学出版局(共著)’05年。
講演:’02年「デザインにおける知覚と造形」弘益大学、韓国基礎教育としてのタイポグラフィ」中央美術学院、中国)など。AGI(国際グラフィックデザイン連盟)会員。

学生生活を送る上でのアドバイス] 大学には、異なる考え方と感性の持ち主が大勢集まっています。自らの確立の為にも、この集団に積極的に関わることを進めます。