各種工房

視覚伝達デザイン学科には授業や制作を行なうための印刷工房・写真工房・映像工房と大型プリンター部屋が設置されています。大型機器や今では珍しい貴重な機器が揃っています。

印刷工房

場所: 8号館117教室
印刷工房では、活版(凸版)印刷・スクリーン(孔版)印刷に加え、 銅版(凹版)印刷・リトグラフ(平版印刷)等を行うための機材が揃っています。 現在ではオンデマンド印刷などで手軽に印刷ができますが、印刷方式の基礎から、 望めば密度の濃い印刷の研究まで実体験ができる空間です。

印刷工房
DSC_3175rgb

写真工房

場所: 10号館106・7教室
当工房はスタジオ及び暗室施設とそれに伴う各種機材からなり、35ミリカメラや4×5、ブロニカ等様々な種類のカメラによる撮影や、モノクローム写真の現像・プリントをすることができます。複写から作品の制作まで幅広い用途を持つ工房です。

JGD_1370

映像工房(通称 パンダ)

場所: 10号館109教室
デジタル映像編集ソフト、アニメーション制作ソフト、マルチメディアコンテンツ制作ソフト、サウンドワーク用ソフトを搭載したコンピュータを備えた映像制作、編集室です。サウンドワーク用には、サウンドレコーディングスペースがあります。またDV、SVHS、DVD 等の各種メディアを使用出来ます。

DSC_2762

マルチメディアプレゼンテーションルーム(通称 カナリア)

場所: 8号館110教室
映像作品、マルチメディア作品等のプレゼンテーションを目的とした、視聴覚ルーム。
DV、DVD、VHS、LD等のデッキ、世界対応VHSデッキに加え、書画カメラ、コンピュータなど、様々なメディアに対応できるプレゼンテーション設備が整っている。

kanaria

大型プリンター部屋

場所: 10号館302教室
大型プリンター部屋では、B0ノビ対応のインクジェットプリンタと、A3スキャナが設置されています。展示用パネル、ポスター、課題制作などに活用されています。

degitalprinter