視覚伝達デザイン学科のWebオープンキャンパス2020


視覚伝達デザイン学科の学びを紹介する動画や冊子、入試解説や卒業制作アーカイブなど、本年度のオープンキャンパスに特化したコンテンツに加え、本サイト全体の情報もさらに充実させました。
本学科やデザイン系の学科がどんな所なのか知りたいという受験生の皆さんはもちろんのこと、保護者の方、高校、予備校の先生方などもこの機会にぜひご覧ください。

 

Special Contents[Book]

学科紹介パンフレット 2020

視覚伝達デザイン学科研究室では、オープンキャンパスの時期に受験生のみなさんの疑問にお答えできるような学科紹介パンフレットを制作・発行しました。進学相談会など視デに関係するイベントでの配布に加え、下記からダウンロードでご覧いただけます。

発行日:2020年7月20日
発行:武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科研究室
監修:寺山祐策、斎藤啓子
編集:小坂由利子、白鳥佐和
アートディレクション:中野豪雄
デザイン:谷田幸
写真:佐治康生、上村尚子、研究室スタッフ、学生提供
印刷:渡辺印刷株式会社

 

Special Contents[Movie]

特別動画:学科紹介 2020

視覚伝達デザイン学科での4年間での学びを「入口から出口まで」をテーマに本学科教員がスライドと共に解説します。各学年における授業内容や進路など、多様な「個」が社会へ向けてどのような学びを得ていくのか。その流れを作品と共に振り返りながら、本学科の教育の特徴についてご紹介します。

特別動画:入試解説 2020

2019年度の実技試験について、デッサンとデザインそれぞれの出題意図や評価のポイントを中心に、合格作品と共に解説します。今年度受験を予定されている受験生の皆さんはもちろん、本学科の受験を目指している高校生の皆さんにとっても参考となる内容です。ぜひご覧ください。

出演:石塚英樹 准教授、中野豪雄 准教授
制作協力:瀬尾宙

 

Special Contents[Archive]

2002-2018年度 卒業制作アーカイブ

2002年度~2018年度の17年間に渡る卒業制作を、優秀賞に選ばれた作品を中心にしたアーカイブサイトを公開しました。本学科での学びの集大成であると同時に、デザインの新たな可能性を切り開く多様なアプローチをご覧ください。

プログラミング制作:古堅真彦 教授

 

Special Contents[Workshop]

「進めオンライン探検隊! ラスト・ファラオの謎」

3年次授業「空間構成III」より、子供向けワークショップ「小さな夏休み」をオンラインにて開催します!


今年のタイトルは『ラスト・ファラオの謎』

・あらすじ
舞台はエジプト!ピラミッド内にあるとされる『秘密の扉』の調査に向かった考古学者が、
君たちオンライン探検隊に調査の協力を求めた。頭と体を使って仲間と一緒にファラオの
謎を解きあかせ!

・概要
このワークショップでは「感覚を使って遊ぶ」「身体を大きく動かす」「仲間と協力する」の3つを大切にしながら、みんなで謎を解いていきます。事前に、オンライン探検隊が使う謎解きキットをご自宅にお送りします。オンラインですので日本全国から参加が可能です。定員が埋まってしまいますのでお早目にお申込みください!

【日時】2020年8月15日(土)8月16日(日)いずれも13:00〜16:00
※2日間連続のプログラムです。両日参加できる方のみお申し込みください。
【会場】ご自宅のパソコンからZoomに参加
【定員】12名
【対象】小学生以上、かつ当日保護者の方が同伴できること。
※Zoomへの接続や画面操作などへの対応のためにご協力をお願いします。
【参加費】500円
【注意事項】
・開催当日前に、事前に接続確認を行う日を設けます。確認日は8月10日(予備日11日)を予定しています。
【企画・実施主体】
武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科3年 空間構成クラス