視覚伝達デザイン学科3年生によるライティングスペースデザイン、身体とデザインの展示が始まります。

ライティングスペースデザインは「人間の記述空間」として包括的な概念で捉えたものです。
「描く・書く・記録する・編集する・伝達する」といった人間の身体を基底として、書物などの2次元平面上から3次元空間やデジタルネットワーク空間までを含めたコミュニケーション行為全体を対象としています。
テーマは学生各自が決め、リサーチを繰り返し、教授との面談や仲間とのディスカッションを重ねて制作を進めます。

身体とデザインでは、人間の身体的な感覚の体験装置を作るというテーマで進められます。
視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感を感覚器官でインプットし、デザインや技術を用いてアウトプットするとき、その形は個体差によって無限にあります。アウトプットへの手順を分析し、再構築することで新しい表現、すなわち「体験装置」を考え、作ります。

2020年は新型コロナウイルスの影響でリモート授業が中心でしたが、
その分例年になく丁寧なリサーチを展開し、より深く対象に向き合ってきました。
そんな私たちの半年間をどうぞご覧ください。

ライティングスペースデザイン
【会場】武蔵野美術大学 12号館地下1階大展示室
【指導】寺山祐策先生、白井敬尚先生、中野豪雄先生、大田暁雄先生
身体とデザイン
【会場】武蔵野美術大学 9号館1階ゼロスペース
【指導】古堅真彦先生、石塚英樹先生

同日開催
【日時】2020年9月10日(木)~18日(金)
9:00-18:00(最終日は16:30まで)

視覚伝達デザイン学科のWebオープンキャンパス2020


視覚伝達デザイン学科の学びを紹介する動画や冊子、入試解説や卒業制作アーカイブなど、本年度のオープンキャンパスに特化したコンテンツに加え、本サイト全体の情報もさらに充実させました。
本学科やデザイン系の学科がどんな所なのか知りたいという受験生の皆さんはもちろんのこと、保護者の方、高校、予備校の先生方などもこの機会にぜひご覧ください。

 

Special Contents[Book]

学科紹介パンフレット 2020

視覚伝達デザイン学科研究室では、オープンキャンパスの時期に受験生のみなさんの疑問にお答えできるような学科紹介パンフレットを制作・発行しました。進学相談会など視デに関係するイベントでの配布に加え、下記からダウンロードでご覧いただけます。

発行日:2020年7月20日
発行:武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科研究室
監修:寺山祐策、斎藤啓子
編集:小坂由利子、白鳥佐和
アートディレクション:中野豪雄
デザイン:谷田幸
写真:佐治康生、上村尚子、研究室スタッフ、学生提供
印刷:渡辺印刷株式会社

 

Special Contents[Movie]

特別動画:学科紹介 2020

視覚伝達デザイン学科での4年間での学びを「入口から出口まで」をテーマに本学科教員がスライドと共に解説します。各学年における授業内容や進路など、多様な「個」が社会へ向けてどのような学びを得ていくのか。その流れを作品と共に振り返りながら、本学科の教育の特徴についてご紹介します。

特別動画:入試解説 2020

2019年度の実技試験について、デッサンとデザインそれぞれの出題意図や評価のポイントを中心に、合格作品と共に解説します。今年度受験を予定されている受験生の皆さんはもちろん、本学科の受験を目指している高校生の皆さんにとっても参考となる内容です。ぜひご覧ください。

出演:石塚英樹 准教授、中野豪雄 准教授
制作協力:瀬尾宙

 

Special Contents[Archive]

2002-2018年度 卒業制作アーカイブ

2002年度~2018年度の17年間に渡る卒業制作を、優秀賞に選ばれた作品を中心にしたアーカイブサイトを公開しました。本学科での学びの集大成であると同時に、デザインの新たな可能性を切り開く多様なアプローチをご覧ください。

プログラミング制作:古堅真彦 教授

 

Special Contents[Workshop]

「進めオンライン探検隊! ラスト・ファラオの謎」

3年次授業「空間構成III」より、子供向けワークショップ「小さな夏休み」をオンラインにて開催します!


今年のタイトルは『ラスト・ファラオの謎』

・あらすじ
舞台はエジプト!ピラミッド内にあるとされる『秘密の扉』の調査に向かった考古学者が、
君たちオンライン探検隊に調査の協力を求めた。頭と体を使って仲間と一緒にファラオの
謎を解きあかせ!

・概要
このワークショップでは「感覚を使って遊ぶ」「身体を大きく動かす」「仲間と協力する」の3つを大切にしながら、みんなで謎を解いていきます。事前に、オンライン探検隊が使う謎解きキットをご自宅にお送りします。オンラインですので日本全国から参加が可能です。定員が埋まってしまいますのでお早目にお申込みください!

【日時】2020年8月15日(土)8月16日(日)いずれも13:00〜16:00
※2日間連続のプログラムです。両日参加できる方のみお申し込みください。
【会場】ご自宅のパソコンからZoomに参加
【定員】12名
【対象】小学生以上、かつ当日保護者の方が同伴できること。
※Zoomへの接続や画面操作などへの対応のためにご協力をお願いします。
【参加費】500円
【注意事項】
・開催当日前に、事前に接続確認を行う日を設けます。確認日は8月10日(予備日11日)を予定しています。
【企画・実施主体】
武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科3年 空間構成クラス

【相談会】学部・受験予定者対象「オンライン進学相談会」を開催します!<終了>

7/29(水)更新:開催方法が対面方式からオンライン方式へ変更となりました。

造形学部の受験予定者を対象に、下記日程で本学科専任教員による相談会を行います。

日時: 2020年度8月2日(日)、8月8日(土) 10:00〜16:00<終了しました>
参加方法: ビデオ会議アプリケーション「zoom」
対象: 造形学部入試 2021年度受験予定者
相談時間: 1人15分
持ち物: 自身の製作物またはポートフォリオ(当日、現物をカメラで投影もしくはデータの画面共有機能を使用)

申し込み方法: 予約サイト(Peatix)より
※イベント申込サイト「Peatix」への会員登録(無料)が必要です。
※開催前日の12:00が申し込み締め切りです。

無料ビデオ会議アプリ「Zoom」を利用して行います。

スマートフォンまたはタブレットの場合は事前に「Zoom」のアプリ(https://zoom.us/)をダウンロードしてださい。
お申込みいただいた方には、当日の時間までに参加方法をメールでお知らせします。
当日は申し込み時間の5分前に、事前にお送りする参加方法に従ってzoomにアクセスしてください。
本人のみ、またはご家族で一緒に相談することもできます。

(2020.7.29 更新)

【相談会】大学院・受験予定者対象「オンライン進学相談会」を開催します!<終了>

8/3(月)更新:申し込み方法を公開しました。

大学院A日程入試の受験予定者を対象に、下記日程で本学科専任教員による相談会を行います。
希望者は事前の申し込みが必須となります。
※今後の状況をみて開催中止となる可能性もあります。最新の情報は当サイトでご確認ください。

日時: 2020年度8月22日(土)、8月23日(日) 11:00〜16:00<終了しました>
参加方法: ビデオ会議アプリケーション「zoom」
対象: 大学院修士課程選抜[A日程]入試 受験予定者
面談時間: 一人20分
面談担当教員: 視覚伝達デザイン学科 専任教員 11名
持ち物: 自身の製作物またはポートフォリオ(当日、現物をカメラで投影もしくはデータの画面共有機能を使用)

申し込み方法: 事前予約制 ・ 予約サイト(Peatix)より
※イベント申込サイト「Peatix」への会員登録(無料)が必要です。
※開催前日の17:00が申し込み締め切りです。
※希望者多数の場合、申し込み期限より早く締め切ることがあります。

無料ビデオ会議アプリ「Zoom」を利用して行います。

スマートフォンまたはタブレットの場合は事前に「Zoom」のアプリ(https://zoom.us/)をダウンロードしてださい。
お申込みいただいた方には、当日の時間までに参加方法をメールでお知らせします。
当日は申し込み時間の5分前に、事前にお送りする参加方法に従ってzoomにアクセスしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注意事項
① 学科内相談会での面談は1回のみとします。22日と23日の両日に参加することはできません。
② 面談する教員の指名はできません。
③ 教員との面談経験の有無が入試の採点結果に影響することはありません。
④ その他、随時の個別面談は行いません。

(2020.8.3 更新)

【展示情報】未来の学校祭


現在、東京ミッドタウン・デザインハブで行われている「未来の学校祭」に
本学科の卒業生作品・在学生作品が展示されています。

「未来の学校祭」
【会期】2020年2月20日(木)〜24日(月)
【会場】東京ミッドタウン・デザインハブ(ミッドタウンタワー5F)
【イベント公式URL】https://www.tokyo-midtown.com/jp/event/school_future/
【未来の学校祭とは】
未来の学校祭は、東京ミッドタウンとアルスエレクトロニカによる未来の社会をみんなで考える新しいお祭りです。アーティストによる社会への問いかけをきっかけに、様々なクリエイターや企業、大学が来場者とともに、未来の社会を考えます。コンセプトは「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」。イベント来場者はExhibition、Performance、Workshop、Talkなど子供から大人まで楽しめるプログラムを自由に体験することができます。未来について考えるうえで重要なヒントが見つかるかもしれません。(HPより抜粋)

【出品者一覧】
<卒業制作>
大森誠(2011年度卒業生)
宇野由希子(2012年度卒業生)
武田夏澄(2013年度卒業生)
北林みどり(2017年度卒業生)
濱本拓(2017年度卒業生)

<トイデザイン(2年次授業/視覚表現演習C)>
木村彩(2019年度3年生)
高橋廉(2019年度3年生)
門脇のどか(2019年度3年生)
本間瑞生(2019年度2年生)
上田理央(2019年度2年生)
三谷沙織(2019年度2年生)
松本あやめ(2019年度2年生)

【主催】東京ミッドタウン
https://www.tokyo-midtown.com/jp/event/school_future/campusexhibition.html

【トークショー】本学科教員の古堅真彦教授が登壇します
・トークショー 脱皮トーク
「Post University:誰のための大学?」
【日時】2月22日(土) 14:00〜15:30 (開場13:40)
【会場】東京ミッドタウン・デザインハブ内 インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
(ミッドタウン・タワー5F)
【申し込み】下記URLより
https://schoolofthefuture2020-17.peatix.com/