タイポグラフィ/白井クラス、木村クラス、鈴木クラス、渡邉クラス、本多クラス(1年生-通年:9月末まで)

先生からの授業説明]
レタリング、活版印刷実習、フォント制作等の課題を通して、情報伝達の重要な要素である活字書体の成り立ちを知り、形状を理解し、基礎的な構成力を身につける。そして同時に文字に対する興味や関心を喚起する。木村文敏-非常勤講師)

この授業では、知識やテクニック以前に、実際の体験から得た自分の眼と手を信じて、自分の価値観・基準]で判断しデザインして行く姿勢を重視しています。それには、まず視ることが基本です。それもただ漠然と視るのではなく、凝視し、同時に考えることにより、注視力や文字に対するスケール感が養われると思います。そして、その体験から文字を創り、組んでは直し、また組む。という反復作業の中で、眼を高めていくことを目指しています。杉本浩-非常勤講師)

形態 – 種別] 実技 – 必修授業

授業概要]
私たちは、毎日おびただしい量の情報に囲まれて生活しています。なかでも文字による情報がその大半を占めていますが、それらの文字は、印刷による複製を目的にデザインされた、活字書体と呼ばれる文字なのです。
例えば、小学校の教科書に使われていた文字の形を思い出せますか、中学校・高等学校の教科書の文字はどうでしょう。また今朝読んだ新聞の文字はどうですか、毎月買う雑誌の文字は、愛読書の小説の文字はどうですか。また駅のホームで目にする文字についてはどうですか。さらに携帯電話の文字、コンピューターの表示用の文字はどうですか。よく見るとそれらは全て異なった表情を持っています。その表情の差異は、文字の形だけでなくサイズや太さ、あるいは字間・行間、一行の文字数、句読法など文字の組み方によっても異なる表情が与えられています。どうしたら読みやすく、内容を適切に再現あるいは表現できるのかと、造形的にいろいろな工夫がなされた結果なのです。この講座名のタイポグラフィデザインという言葉は、以上のような文字、とりわけ活字書体を扱うデザインの分野を指します。
この講座では、タイポグラフィデザインの基本となる、活字の成立の歴史と生成のメカニズムを、アナログ、デジタルの両面から学ぶことになります。手で書かれた文字がどのようにして活字書体として成立し、コンピューター用のデジタルフォントにまで至ったのか、その過程を概観します。