ヴィジブルランゲージ演習(3・4年生-前期)

先生からの授業説明]
ヴィジュアルコミュニケーションデザインの世界に記号論という異色の理論を取り入れ、視覚表現についての見識を深めてもらうための授業です。チャールズ・サンダース・パースという記号学者の記号論をベースに記号表現の種類と特性を解説。どんな表現があるのか、それらは何をどのように表現し、どんな意味を伝える力を持つのかなど、表現をデザインの言葉ととらえ、分析すべき視点を設定し、考察します。
(北條みぎわ-非常勤講師)

授業概要]
今、私たちは、誰もが表現者になれる/世界に向けて情報を発信することができる、そんな時代を生きています。ヴィジュアル・コミュニケーション・デザインが過剰な情報やメディアの進化や表現の変化に向き合っていくためには客観的な視座が必要なのではないでしょうか。チャールズ・サンダース・パースの記号論は、数学や現象学という普遍性を追求する科学に支えられ発展した科学です。そして、特殊な専門理論や具体的な実用科学を支えるために発展した科学でもあります。本授業では、厳密な記号の分類を行いあらゆる記号を含む真に論理的な体系に到達することを目指したこのパースの理論を紹介し、デザイン理論への転用の可能性について考えます。

形態 – 種別] 実技 – 選択授業