音響表現(3・4年生-前期)

先生からの授業説明]
「聴く」能力を育て、音の世界、表現を探求する。感覚と論理、デジタルメディアの特質を関連づけ、音響情報を発信する基礎力を養う。五感伝送技術によるマルチモーダルコミュニケーション時代に対応すべく、視覚、聴覚、触覚などの相互作用に興味を持てるような授業を展開している。物質や空間の、光や振動に対する特性の体験や、音響にまつわる芸術・デザインを話題にしたディスカッションが学習する雰囲気を盛り上げている。
(吉田謙二-非常勤講師)

形態 – 種別] 実技 – 選択授業

授業概要]
音響による表現を中心に、感覚と頭脳、メディアの特性を関連づけた、講義、トレーニング、課題制作等を行う。
デジタルメディアは五感伝送によるコミュニケーション、異なる感覚モード間での相互変換やシンクロ、アルゴリズム、インタラクティブ等の特性を持つ。視覚伝達による表現やデザインも、それらの環境のなかで捉えてゆくことが重要であるが、音響による表現の学習はそれに寄与することであろう。