コンテンツヴィジュアライゼーション(3年生Ⅱ群選択-後期)

先生からの授業説明]
情報と、ユーザがそれを取り出すときのプロセスを設計して、視覚的なインターフェイスをデザインします。授業では身近なテーマを用いて、できるだけ「実際に利用されるシーン」を 想定したインタラクティブなコンテンツ制作を行います。ゼミのような形式で共に考え、取材し、撮影し、組み立てて作品をつくります。
(黒田敏康-非常勤講師)

授業概要]
コミュニケーションデザインのすべての基本となる「頭の中にあるものを見える形にして人に伝える」実際と手法を学び、メッセージを効果的に伝えるための「設計力」構成力」を身につける授業です。
デザインの本質を見抜くための視点、分析、手法を、他者に「自分ごと」として認知させることに主眼を置いた、質の高いコンテンツ制作を指導します。
情報の送り手と受け手に間にある「コンテキスト(文脈)」とはどうあるべきなのかを、ケーススタディや取材を通して実習します。

形態 – 種別] 実技 – 選択授業