メディア論(3・4年-前期)

先生からの授業説明]
活版印刷の発明依頼のマスメディアの栄枯盛衰を振り返りながら21世紀のメディアの特徴について比較・分析を試みる。
(大和田龍夫-非常勤講師)

授業概要]
人間の五感と記憶を用いたコミュニケーションを支援する「メディア」について考察する。
今年、この授業を履修することができる人は運が強いといえる。なぜならば「複製技術」により誕生したものには「オリジナルにある『アウラ』が喪失していることを目の当たりにすることになる」からである。
今回は授業の編成がオンラインのみとなることを鑑み、特別な方式でのディスカッション、五感の体験をすることを予定している。
いずれにしても、今年しか体験することのないであろう「20世紀の通信技術」=「アウラ」が喪失したものを使ってテレコミュニケーションをしていた技術をどのように今後利活用することになるのか、これから20年を決定づけるであろう、大学授業の存在価値、大学そのものの存在価値を改めて見つける機会となるであろう。
初版では「テレコミュニケーション」による意思疎通の課題、質量を持ったメディアと通信メディアの違いについて議論を進めていくことに始まり、中盤では「片方向の通信メディア」の特徴とその限界について、終盤では「双方向の通信メディアの粗なものから密なものまで」特徴と中盤までに扱ったメディアとの違いを体験することとなるであろう。
この授業を履修することで、21世紀前半の「テレコミュニケーション」の全貌が予想できるようになるハズである。

形態 – 種別] 講義 – 選択授業