ダイヤグラムデザイン(3年生Ⅱ群選択-後期)

先生からの授業説明]
ダイアグラムとは「見えない世界を見えるようにする」という行為です。しかしただ感情に任せたり独善的に構成するのではなく、何らかの客観的に評価可能な指標を基準にしなければなりません。特にその中心となるのは「数」です。ガリレオやニュートン以来の近代科学の成立以来、数」は強力な道具として世界記述に役立てられてきました。ダイアグラムはその流れを背景として18世紀の末から19世紀の初めに確立された新しい分野です。それによって数々の表現が生まれましたが、しかしながら我々の世界は「数」だけでは記述できません。数値に還元できないものもやはり無数にあるのです。ではそうしたものをいかにして拾い上げることができるのでしょうか。
我々の世界はどんどん全体を把握することが難しくなっています。しかしながら問題は明らかに世界規模で起きています。これからのダイアグラムとは五感を駆使し、また見る人の五感を刺激して、世界の現実感を喚起するものになるべきでしょう。この授業はそのための実験室です。

授業概要]
この授業では、ダイアグラム・年表・主題地図などの数的な・論理的な図の構築を行い、自らの環境を様々な尺度で理解するためのアトラスの断片を制作する。
狭義の「ダイアグラム」とは、観測や統計調査などによって得られた様々な「もの」の量や性質を直線・円・長方形等の図形へと変換し、座標軸上に配置することで量的な比例関係や時系列的変化を視覚的に表すものである。しかしながらこの定義は仮のものでしかなく、地図・断面図等の空間表現や、イラストレーション、写真などと組み合わさることで、日々新しい様式が生まれている。またその媒体も紙から立体、電子空間上へと範囲を広げ、科学研究だけでなく新聞や雑誌、美術館や路上の掲示板といった生活に密着したところに用いられて、我々のイメージ環境を作り上げている。ダイアグラムの制作は生活美術を出自とするデザインの範疇にある。事実、デザインが成立する以前の風景画家、地図学者、製図工たちの周縁的な仕事には、ダイアグラムの根源的形態を見ることができる。単なる機械的なデータの図形変換であれば自動処理でもできるが、図を通じて考えやイメージを伝えるためにはわかりやすさや正確さだけでなく、美しさや面白さといった魅力を兼ね備えていなければならず、美術の介在が必要となる。
今日、人類の「環境」はかつてないほど拡大した。一世紀前の何十倍もの容易さで人や物の輸送が行われ、戦争も救済もかつてない規模で行われる。一方で地球は未曾有の人口を抱え、人類が環境に与える負荷は多くの生物を根絶やしにし有限の資源を食い尽くす勢いである。こうした状況を前にしてデザインには何ができるか。ダイアグラムは企業や政治家の利益のままに都合の悪い現実を隠蔽した世界のイメージを流通させることもできるが、それに立ち向かう武器となることもできるはずである。この授業の目的は、個々人の純粋な疑問から出発したダイアグラム制作を行い、図を通じて自らの環境を理解する、伝達する道具を得ることである。

到達目標]
・自らの選んだ主題から複数のダイアグラムを制作し、最終的にその集合をアトラスとして展示する。
・定量的・定性的データを図形の記号的要素(大きさ、色彩、形態)へと変換し、空間上に置く能力を身につける。
・形象(シンボル、縮尺、座標軸などの図表の構成要素を、情報の本質に応じて適切に選択する。
・五感を駆使して自らの疑問を解消するデータを集め、またそれを五感に訴えるダイアグラムとして提示する。
・ダイアグラムの制作を通じて自らを取り巻く環境を理解し、自らの世界観を作り上げる糧とする。

形態 – 種別] 実技 – 選択授業